2020年12月12日

たい焼きのお店「中村屋」さん^^



室蘭で”たい焼き”といえば
老舗の「中村屋」さんが思い浮かぶ


DSC04867.jpg


久しぶりに「食べたい!」と思い、立ち寄ってみた^^


(そうだ、このお店はぜひブログで紹介させていただきたい!)と
店主に声をかけさせて頂くと、快く応じてくれた。

ただし
恥ずかしがり屋の店主さん、顔出しはNGという条件で・・・^^


DSC04929.jpg



創業から約55年だということを教えて頂いたところから
私のインタビュー?(笑)が始まった。



私「初めから、たい焼き専門店だったのですか?」


店主「父が始めたころは、和菓子を扱っていたのですよ。
   饅頭とか大福とか・・・
   豆入りのしもちは、豆がいっぱい入っているということで、
   人気商品だったようです。
   その後徐々に品種を減らして、この「たい焼き」を残したのですよ。」



DSC03485.jpg



30年ほど前、先代のお父様から現在の店主(娘さん)が
店を引き継いだとのこと。


店主「父から、“お前、明日からこの店頼むぞ”と急に言われ面食らいました。
   何もわからないままのスタートでした。
   それでも父からノウハウを教えてもらいながら、
   何とか軌道に乗ることが出来ました。」


さらに・・・


店主「父とはあれこれぶつかることもあったけれど、
   現在が有るのは父のおかげなので、感謝しています。」

  と、ちょっと恥ずかし気に語ってくれた。




DSC04934.jpg




私「たい焼きのミミ生地が大きいのも評判ですけど、
  それは、先代(お父様)が考案されたのですか?」


店主「考案したのは私です。
   父は、たまたまはみ出したミミをそのまま付けて販売していただけ。
   私は、はみ出したミミをお客様が喜んでくれるのを見ていたので、
   あえてはみだしを付けて、提供させて頂くようにしたのですよ。
   私は父と違って、経費をあまり気にしていませんでしたから・・・(笑)」


これが ひとつの大きさ^^ ↓ ↓ ↓
DSC04940.jpg


(参考)このミミの大きさについて・・・
     季節や気温・湿度、原材料の状態によって
     はみ出し具合が変わるので
     その時々の条件で大きさに違いが出るそうだ。

     店主「はみ出し具合に不服がある方は声をかけてください(笑)」とのこと^^
             




私がお店のお話を聞かせて頂いている間にも
5名ほどのお客様が訪れた。




電話で予約していた若いカップルらしき二人が訪れ

来店客男性「久しぶりに来たので、買えてよかった〜^^」
店主「どちらから来られたのですか?」
来店客男性「以前に室蘭に住んでいたのですが、現在は小樽です。
      こちらに来る機会があったので寄らせてもらいました」



DSC04930.jpg





その後のお客様には
店主「ごめんなさい、今日はもう品切れなんです〜^^」

と明るくお断り・・・。



店主「最近は、私用も色々あって
   開閉店の時間も定休日も、まちまちなんですよ。
   最近はお昼ころ開店して、2〜3時間で品切れで閉店しています^^」



私「コロナの影響は、どうですか?」

店主「札幌の飲食店は、時短営業で大変ですよね。
   ウチは普段から、時短営業みたいなものなので(笑)
   おかげさまで大きな影響は受けてないのですよ〜^^」



特に気負うことなく、気ままに営業しているように見える、
(言い方が悪くてごめんなさい)
でも、そういう店主の性格だからこそ、長く続けていられるのかもしれない。
もちろん、ここのたい焼きの味が美味いからこそ、
「中村屋」ファンが絶えない事実として今日までに至っているのは言うまでもない。



種類は、餡とクリームの2種のみ、
注文を受けてから焼き始める。
1個150円也

くどくない、程よい甘味の餡もクリームも美味いが、
この生地の味も絶妙な旨味を出している。
冷めても美味しい^^


その中村屋さん独自の「たい焼き生地誕生」の
秘話についてもお話ししてくれたのだが、
そこは“企業秘密”というこで、ここでは伏せさせて頂こう。




DSC04939.jpg





これから寒い季節、
熱々のたい焼きを味わうのも最高の季節。

ずっとずっと、この味を絶やさないでほしいと願う、
「中村屋」の1ファンとして、ここに記させて頂いた^^



機会があれば、ぜひご賞味あれ^^



中村屋 室蘭本店
   室蘭市港北町2丁目1−15
   営業時間 昼ころ〜売り切れ次第閉店
   定休日  不定休
   電話   0143-55-6339
     電話で問い合わせてから行くことをお勧めします
     開店時間内であれば取り置きもしてくれます
      予約するとスムーズに購入できます




以下、のれん分けの2店舗あり

中村屋 ななえ本店
   亀田郡七飯町本町4-1-42
        0138-86-7374

中村屋 江差本店
   檜山郡江差町中歌町54-101
        0139-52-3219






posted by スティーヴィー・よんだー at 11:00| 北海道 ☔| Comment(8) | 店舗紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする