2010年11月02日

我が家の新しい1員(10月15日の出来事)



「新しい1員」といっても、決して家内が妊娠したわけでは無い。
「40代末での出産は考えられない」と本人も言っている。
・・・そんな事はどうでもいい。


10月15日、日中はものすごい雨が降り続いていた。
夜8時ころ、外を見ると雨もあがったようなので、
2ヶ月ほど前から始めたウォーキングに行くことにした。
                                 <夜、雨上がりの道路の真ん中に光る物が・・・>↓
外に出ると、アスファルト路面には、水が溜まっている部分もあった。DSCF1235.jpg
「ん? 道路の真ん中に、なにやら光る物体があるぞ」

近づいてみると、それは「ヤモリか? いや イモリか?」
いずれにしても実物を見た事が無いので判断は出来ないが、それはそこにたたずんで?いた。

じっとしていて逃げる様子も無く、
「このままだと車にひかれてしまうかもしれない。」


DSCF1114.jpg
← <とりあえず、昆虫の飼育ケースに入れて保護した。> 
家内や子供たちと「あーでもない、こーでもない」とネットをみながら騒いだ結果、
「これは、イモリだ」という結論に達した。 が・・・

さらに一人でネットの画像を見ていると「ちょっと違うな、
腹は赤く無いし、もっと曲線がなめらかだぞ・・・」

「もしかして、サンショウウオ?」と思い、画像を探すと「ビンゴ〜!」
種類は「エゾサンショウウオ」という名前だった。

子供のころ、川でカエルの卵だと思って捕って来たものが、
サンショウウオの卵だったことがあった。
が、それは飼育が下手だったので、足が出て来たころに死んでしまった。


でも、我が家の近辺には川や池のようなものは無い。
ただ、近所には林があるので、もしかするとその林の中の湿地部分で生まれたのかもしれない。

雨が大量に降って、気持ちよくて遠出して来たのだろうか。
おとなしいし、愛嬌のある顔なので、飼ってみることにした。DSCF1174.jpg

体調は約15センチ。保護して3日目に脱皮をした。
知り合いのペットショップで聞いたところ、
「生まれて3年くらいじゃないかな?」 と言う。

ネットで、他の人の飼育状況を参考にしながら、育てている。
小さいうちから育てたエゾサンショウウオは、手から与えた餌を食べるそうだが、
成体は、慣れるまで時間がかかるそうだ。

確かに、目の前に餌をちらつかせても、口をあけてくれない。
3〜4日、何も食べないので「死んじゃうんじゃないか? 
どこかの池にでも放して来たほうがいいんじゃないか?」とか思っていると、

ある日、ケースの中に入れておいた「ブドウ虫」を
知らないうちに食べたようなので安心した。
DSCF1239.jpg
  ← <現在のレイアウト>

  <右は鉢の受け皿をプールに・・・>

  <左は陶器のウツワを逆さまにして隠れ家に・・・>





保護した翌日、家内が「マリちゃん、おはよー」と声をかけていた。
「なんで、マリちゃんなの?」と問うと、「関根麻里ちゃんに似てると思ったから」だとさ。

家内は「ハムスター等のペットは絶対いやだ!」と言ってる割に、
このエゾサンショウウオについては特に反対もしていない。
私が思うには、見方によってはハムスターより、
こっちの方が「気持ち悪く思うのではないか?」と想像するのだが・・・。

その辺の家内の感覚が、ちょっと理解しかねる部分が見られた。

ま、そういう訳で・・・、
その日から、このエゾサンショウウオは「マリちゃん」になった。
今日も、ケースの中で、陶器をひっくり返した「隠れ家」に入って過ごしている。       <水浴び中> ↓












       


posted by スティーヴィー・よんだー at 12:05| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何気に 40代オヤジブログをあけてみたら(^^)/
再開してて嬉しかったです。
これからも球児クンをはじめとしたブログ楽しみにしています。
Posted by しらこのり at 2010年11月06日 00:51
しらこのり様
訪問してくださり、ありがとうございます
つたないブログですが、よろしくお願いいたします
Posted by スティーヴィー・よんだー at 2010年11月06日 01:48
こんばんは。
先程、当ブログにコメント頂きありがとうございます。

ブドウムシを食べているようなら、状態は良さそうですね。
ピンセットなどの直接給餌は徐々に慣れさせるといいでしょう。
ピンセット給餌ができるようになったら、ふやかせたレプトミン(テトラ社のカメの餌)や冷凍アカムシを主食とさせると便利です。

その他の生餌では、ペットショップで売られている餌用コオロギがありますが、小さなサイズで、後脚は取って与えないといけません。
また、生餌を与え続けるのは、手間が掛かり衛生的にも経済的にも良くないです。

あと飼育槽にはミズゴケなどを敷いた方が、保湿効果やそこに潜ったりして安心します。


それでは飼育頑張ってくださいね。
なにかありましたら、気軽にコメント下さい。
分かる範囲でお答えします。
Posted by gecko at 2010年11月11日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック