2011年09月11日

中学校軟式野球決勝戦観戦




室蘭地区の中学校軟式野球秋季大会
準決勝と決勝戦を観戦して来た。

先週の1回戦と同様、野球日和の天候だった。


結果は、球児の母校KH中学校が見事優勝した。
3連覇で10回目の優勝!

「3連覇」は19年ぶりであり、
「10回目」の優勝は、過去最多ということだ。

これからも、記録をどんどん塗り替えていってほしいと思う。



写真00067.jpg
   (準決勝4−0で完封後、わずか1時間弱の休憩だったが、
    決勝戦の連投でも力強い投球を魅せた)



ところで…、
帰りの車の中で、球児がなにやら
ブツブツつぶやきながら怒っている。

「どうした?」と問うと、
「今日の審判の判定が、気に食わない」と言う。

球児は私と離れてバックネット裏で
審判の目線で観戦していたのだが…。

「打球がラインの上に落ちて、明らかにフェアなのに、
2回もファールで判定された」とか

「相手のピッチャーの時はストライクだったのに、
こっちのピッッチャーが同じコースに投げた時はボールで判定された」とか…。

「他にも何度か妙な判定が目についた」そうで
思わず抗議しに行きたくもなったそうな。

わたし:「そうか、でも判定は審判に一任してる事だから、
しょうがないな。ま、優勝したからいいじゃない?」と言った。

この試合「4対3」という接戦を制して勝ったのだが、
もし、負け試合だったとしたら、この判定には納得出来なかっただろう。

詳しい事は解らないけど、審判だって人間だから誤審はあるだろう。
ただ、球児の指摘が正しいのなら、もっと公平な判定が出来る審判を
選択してほしいと思う。


子供たちは、積み重ねてきた練習の成果を発揮できるように、
ひとつひとつの試合に懸けているのだから…。



写真00068.jpg
   (決勝戦は4−3の接戦、点を取っては追いつかれ、
    また取っては追いつかれ、を繰り返した)



写真00059.jpg
   (観ている方も、思わず力が入る)



写真00056.jpg
   (このまま一気にホームへ…!)



写真00066.jpg
   (歓喜の瞬間!  優勝だ!)





         
posted by スティーヴィー・よんだー at 23:08| 北海道 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
疑惑の判定はバドミントンでもよくありますね。故意よりも未熟によるものですけど。
Posted by カノッチ at 2011年09月12日 17:28
まぁ。おめでとうございまーす!!
うらやましいです。
その優勝と言う試合を見に行けることが。

私は少年野球から13年息子の野球を見に行ってますが優勝したのはたった一度きりです。

そしてまたこの写真・・・素晴らしいです。
やっぱりよんだーさんが、うちのチームのカメラマンに欲しいです。

来てくれた時はチームのお母さま達がボンボン持ってお出迎えします。
ミニスカートははけませんが。

あっ・・? 見たくない?やっぱりね。
Posted by デザイン工房TOMO at 2011年09月12日 20:22
すばらしい写真ありがとうございます。
管理人さんのベストショットうますぎです!!

ハラハラしましたが、やっと優勝できました。
小学校でかなえられなかったので〜
次男君は何度も、兄に全道に連れてってもらってます〜今度は自分達の力で全道をもぎとってもらいたいです。
私は、今週も胃がやみそうです(笑い)

球児くんありがとう!!
審判には腹が立ちましたが勝ったのでヨシとしました。
あの審判ベテランだそうです。
Posted by 港北応援団 at 2011年09月13日 09:46
カノッチさまへ
ベテランの審判だったようです。
体調でも悪かったんですかねぇ。
Posted by よんだー at 2011年09月13日 14:57
TOMOさまへ
>来てくれた時はチームのお母さま達がボンボン持ってお出迎えします。

ありがとうございます。
野球の試合よりも、お母さま達に圧倒されて、
タジタジで撮影どころではなさそうですね。
Posted by よんだー at 2011年09月13日 15:03
港北応援団さまへ
>あの審判ベテランだそうです。

そうですか・・・。
審判も人間だから、胃でも病んでいたんでしょうかね・・・。
あっ!きっと奥さんと何かあったんだ!
そういう事にしておきましょう。
・・・うん。
Posted by よんだー at 2011年09月13日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック