2014年11月19日

マニアックな喫茶店「ランプ城」^^



室蘭市出身で東京都在住のブロガー
@hiroさまが教えて下さった


知る人ぞ知る室蘭の喫茶店
「ランプ城」へ行ってみた


DSCF4409.jpg

※ 各画像クリックすると拡大できます^^




私は@hiroさまから教えられなければ
この店の事は知らなかった




場所は室蘭市栄町
結構な崖っぷちに位置する

DSC07227.jpg




家族4人
日曜日の18時ころ訪れた






以下、全てフラッシュ撮影しているので明るく観えるが
実際は、ランプと非常灯の明かりくらいしか無いので結構暗い

DSCF4410.jpg






カウンター内には年配のママが居て…
店員の女性が水とチョコレート類を出してくれた






店員:「これ、サービスなので食べてください^^」

DSCF4423.jpg






そのチョコレートの多さに
一同ちょっとビックリ!





私:「メニューは?」と聞くと
店員:「こちらです^^」と言って出入り口近くの壁を示した

DSCF4425.jpg





私:(あっ、ネットで観た時よりもメニューが少ない!
  ご飯ものは3種類と変わっていないが、
コーヒーが値上がりして、アルコール類がビールのみになっている)

   と 即座に思った^^





店員がカウンターのママに向かって
小声で「ライス ある?」・・・


ママ:無言のまま、何か慌てたような素振りで
厨房らしき所に入って行った


さらに、その姿を追うように
店員も厨房らしき奥へと消えて行った・・・


まさしく“消えて行った”という表現が適格かと思う



なぜなら、カウンターの奥には隠し扉みたいなのがあって
そこは、頭を結構低くしなければくぐれないような場所だからだ

DSCF4427↓.jpg
矢印の下に扉があるのだ^^



一見、その奥に厨房があるとは思えない



私たち4人は、ちょっとソワソワしながら顔を見合わせ
この不思議な「間(ま)」を楽しんでいるかのようだった



一同:(これから、どういう展開になるのだろうか・・・)



DSCF4414.jpg





しばらくして・・・
ママがその隠し扉のような所から顔を出した


ママ:「何にしますか?^^」


私:「チャーハンひとつ、チキンライスひとつ、
  オムライスふたつ、お願いします^^」


ママ:「はい、ちょっと時間かかりますから
   チョコレートでも食べて待ってくださいね^^」


と言うと
またスーッと隠し扉の奥に消えて行った






待っている間、私たちは店内を散策したり
お客さんが自由に書き残す訪問帳を読んだりしていた






DSCF4421.jpg






散策と言ってもそんなに広いわけではないが・・・
薄暗さもあって、結構ワクワク感を楽しんでいた





DSCF4416.jpg




しばし待って・・・




ようやくひとつひとつ注文の品が
銀色のトレーに乗せて運ばれて来た・・・




チキンライス 400円^^
DSCF4430.jpg






チャーハン 400円^^
DSCF4426.jpg






オムライス 500円^^
DSCF4429.jpg






4人でそれぞれ味見をしてから頂いた



どれも家庭的な味で美味しいのだが
中でもオムライスの卵のフワフワ感は絶品だと思った^^




球児:(小声で)「これ、うめぇ〜^^」




DSCF4411.jpg






食べ終わったころ、ママが話をかけて来た







ママ:「どこから来たのですか?」
私:「市内です。○○町ですよ^^」



ママ:「最近は札幌とか遠くから来てくれるお客さんが多くてね
   おかげさんで、休みが取れなくなったわ。ははは・・・^^」



私:「このお店はいつから営業しているのですか?」
ママ:「昭和37年からだよ^^」




DSCF4432.jpg




私たち一同:「へぇ〜^^」
バド美:(小声で)「お父さんが生まれる前の年だ^^」



家内:「おいくつなんですか?」
ママ:「85歳^^」



私たち一同:(再び)「へぇ〜^^」



ママ:「高等女学校(現在の清水ヶ丘高校)を出てね・・・」
私:「あっ、私の母と同じですね、母は89歳なんです。
  卒業してから弓道の先生をしていた○○光子といいますが・・・」



ママ:「あら〜、知ってるよ!
    私も弓道を習ったもの・・・^^」



私たち一同:「おおぉ〜!^^」



ここから一気に親近感がわき、話に花が咲いた!






DSCF4431.jpg




映画のロケや、この店の歴史や、
私がこの店の事をインターネットで読んだことなどetc・・・



2時間ほども滞在しただろうか・・・
思わぬ会話の展開についつい時間を忘れてしまっていた






DSCF4424.jpg






帰りがけに
ママ:「このチョコレートは全部持って帰ってね^^」と言って



大きな皿で出してくれたチョコレートを
店員の女性が全部袋に入れてバド美に渡してくれた。



ちなみに店員の女性はママの娘なのだそうだ



ママ:「お母さんに、よろしくね^^」
私:「はい、ありがとうございます^^」
家内:「ごちそうさまでした!また来ますね^^」







暗がりの中、小さいペンライトで
足元を照らしながら車へと向かい・・・

DSC07225.jpg





4人で車の中で
「あーでもない、こーでもない」と
ランプ城の話で盛り上がりながら帰って来た
   




訪れる前にネットで情報を調べたところ・・・


この店は映画「妖怪人間ベム」の室蘭ロケで使われ
先日はNHK北海道の番組「穴場ハンター」でも紹介されたとのこと


数日後、改めて「妖怪人間ベム」のDVDを観たのだが
この店のどの部分が撮影に使われたのか
見つける事は出来なかった。





再度この店に訪れるか否かは定かではないが
3品のご飯もののメニューはおススメものだ


ただし、初めて行く方は夜間訪れるのを避けた方がよいと思う
また、清潔感を極度に気にする方は訪れない方がよい


怪しげな、いかにも「妖怪」が現れそうな
雰囲気を味わいたい方は訪れると楽しめるのではないか?・・・と思う




DSCF4418.jpg



店内にあった訪問帳には
札幌・東京・九州等々、結構遠方から訪れた方の書き込みがあった



この店の事をブログで紹介している
ブロガーさんも多数いらっしゃるので・・・



興味のある方は
「ランプ城」で検索を・・・^^




DSCF4428.jpg




この「ランプ城」を教えてくださった
@hiroさまのブログはこちらです ↓
見えなくなっちゃったダックス、アトムと俺のノンビリ生活




posted by スティーヴィー・よんだー at 23:25| 北海道 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

ランプ城と書かれた赤い看板がレトロで
どこか懐かしさを感じさせるようなミステリアスな入り口。

展示されたものなど、
昔ながらのこだわりが感じられるお店だなぁといった印象です^^
チャーハンやオムライス、ポテトサラダのセットが
それぞれ美味しそうです(о^^о)
Posted by ニノうめ at 2014年11月20日 04:48
おはようございます。
ランプ城・・・行かれたのですね。
って言うより・・・まだあったんですねー。
スゴイ・・・の、一言です。
懐かしい風景ありがとうございます。

一度は行き・・・そして・・・数年後・・・何気に思い出してしまう所なんです。

まだ室蘭が元気だった頃の、一つの場所って感じで・・・色々な風景があったんだろーなぁ・・・って勝手に想像出来る場所でした。
冬の押し潰されそうな灰色の空の日に・・・訪ねてみたいです(笑)
なんか、つまらない場所を、コメントで書いて・・・バチュラー記念館もそうでした・・・ブログにアップして頂き、お礼申し上げます。
懐かしい風景でした。
Posted by @hiro at 2014年11月20日 07:48
おはようございます!
興味深く読ませて頂きました。
海が見えるんですね^^
映画ロケ地と聞けば行ってみたいです。

今はあるかどうか分かりませんが
高校生の頃はダイコクヤのパフェのファンでした♪
懐かしい〜〜。
Posted by ruszey at 2014年11月20日 09:41
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
タイムスリップしてきたのですね♪
外装は・・・オバケ屋敷?(失礼しましたw
めっちゃ面白い♪
うらやましく思いながら読ませて頂きました。
Posted by とうふ at 2014年11月20日 12:40
ランプ城行かれたのですね。
復活したとの噂を聞いて訪ねたときには残念ながら営業していませんでした。
私は18歳までランプ城から100メートルと離れていないところに住んでいたのです。
ママの娘さんというのは多分小学校のクラスメイトのあの子かその妹さんだと思います。
帰省の折に訪ねたいと思います。
Posted by カノッチ at 2014年11月20日 14:18
ニノうめさまへ
コメントありがとうございます。
レトロ一色の店内でした。
このセットで400円〜500円は安いですよね〜
味は家庭的で美味しかったですよ^^
Posted by よんだー at 2014年11月20日 18:22
@hiroさまへ
コメントありがとうございます。
近くに居ながら@hiroさまに教えられなければ知らない所もあり、
楽しみながらレポートさせていただきました。
まさか、母とつながるとは思いもしませんでした〜^^
Posted by よんだー at 2014年11月20日 18:26
ruszeyさまへ
コメントありがとうございます。
「大黒屋」・・・
なんて懐かしい響きでしょうか・・・
確か20年くらい前に倒産してしまい、もう跡形も無くなっています。
パフェ、ありましたね〜
本家のお墓が、この店の近くだったのでお参りに行く時には、ここでお供えのお菓子を買った記憶があります^^
Posted by よんだー at 2014年11月20日 19:37
とうふさまへ
コメントありがとうございます。
なんだか不思議な空間に居るような感じでした。
外装は「お化け屋敷」と言われても
おかしくないような雰囲気でしたよ^^
Posted by よんだー at 2014年11月20日 19:39
カノッチさまへ
コメントありがとうございます。
やはり、カノッチさまならご存知だろうと予想しておりました。
そうですか、そんな近くにお住まいだったのですね〜
それも娘さんと同級生だなんて・・・
なんだか世間がとっても狭く感じるものですね^^
Posted by よんだー at 2014年11月20日 19:42
今回の記事はドキドキしちゃいました︎

ランプ城、名前も一度聞いたら忘れられない感じがします(((o(*゚▽゚*)o)))
ムードがイイですね〜♫
探検してみたい。
でも、一人で行くのはコワイかも知れませんね。
ベム︎ってあの、妖怪人間ベムなんですね︎
ビックリしましたよ〜♫
ますます、行ってみたい気持ちになりました(^O^)/
お料理も美味しそう、お安い♫
面白い室蘭の喫茶店情報を
教えていただきました(*^^*)
Posted by 冷奴 at 2014年11月21日 00:27
冷奴さまへ
コメントありがとうございます。
一人で行くには、かなり勇気が必要かもしれませんね〜
「妖怪人間ベム」で使われた…といいますが、どこをどのように使われたのか…
なにせ特撮映画ですから合成だらけですよね、DVD観ても全く分かりませんでした〜
興味のある方だけにおススメの場所です。
ちなみに、天気の良い日の夕方に訪れると夕陽がとても綺麗に観えるのだそうです^^
Posted by よんだー at 2014年11月21日 00:53
とても面白そうな喫茶店ですね^^

ぜひ一度行ってみたいと思います。

ポテトサラダがなんともいい味出してますね^^

また遊びに来ます^^
Posted by ほったらかせば勝手に増える!資産家の投資の当たり前をあなたに…” at 2014年11月21日 10:30
ほったらかせば勝手に増える!資産家の投資の当たり前をあなたに…”さまへ
コメントありがとうございます。
北海道内にお住まいなのでしょうか?
機会があったら訪ねてみてください^^
Posted by よんだー at 2014年11月21日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック