2017年04月13日

室蘭海上保安部の船^^

時々、港に船を観に行く

現在、室蘭港には海上保安庁の船が4隻配属されている
DSC00536.jpg
(※ 各画像クリックすると拡大できます^^)

最近入れ替わりがあったので紹介させて頂こう^^






< 配備されている4隻 > ↓↓↓





巡視艇「こざくら」
DSC05986.jpg


総トン数26t、長さ20.0m、幅4.5m

船名の由来⇒小桜…知床に群生するエゾコザクラにちなむ


DSC06830.jpg












巡視艇「ちよかぜ」
DSC00540.jpg

総トン数26t、長さ20.0m、幅4.5m

船名の由来⇒千代風…千代(長く続くの意)+風の合成語













巡視船「れぶん」
071A7579.jpg


総トン数1250t、長さ92.0m、幅11.0m

船名の由来⇒礼文島…北海道の北部、稚内の西方60kmに位置する島。

巡視船「えとも」の引退に伴い、

2016年10月に稚内海保からの転属となった




071A7623.jpg

遠隔放水銃を装備する大型船が室蘭に配属されるのは初めてのこと

時速21ノット以上(時速39キロ)の速力を誇り

海難救助や海上警備のほか、沖縄・尖閣諸島の国境警備にも派遣される予定もあるそうだ
















巡視艇「えぞかぜ」
IMGP7672.jpg



総トン数26t、長さ20.0m、幅4.5m

船名の由来⇒蝦夷風…北海道の旧地名「蝦夷」+風の合成語

2017年4月1日付で巡視艇「りゅうせい」に代わって

苫小牧海上保安署からの転属となった。



071A7521.jpg

これまで50件の海難事故などに出動し、船舶2隻をえい航、26名を救助。

2015年苫小牧沖の「さんふらわあ だいせつ」の火災時は、

いち早く現場に急行し乗客20名を救助した。

また、船長は室蘭海保初となる女性船長が指揮をとる。



















< 転属&引退の2隻 > ↓↓↓




巡視艇「りゅうせい」転属

DSC00804.jpg
                                (2013年3月撮影)


総トン数125t、長さ37.0m、幅6.7m

船名の由来⇒流星の滝…石狩川の上流にある有名な滝

2013年(平成25年)に室蘭海保に就役

道内唯一の35メートル型消防巡視艇




IMGP0339.jpg
                               (2016年3月撮影)

2015年7月に発生した苫小牧沖のカーフェリー火災事故の救助に向かい、

連日の消火活動で活躍した。

この度、胆振・日高の海上防衛機能調整のため、

2017年4月1日付で苫小牧海上保安署に転属となった。






ちなみに、この「りゅうせい」の旧型の画像が
私のアルバムに残っていたので参考までに・・・
DSC06575.jpg
                               (2011年4月撮影)














巡視船「えとも」引退

DSC06578.jpg
                               (2011年4月撮影)

総トン数680t、長さ78.0m、幅9.6m

船名の由来⇒絵鞆半島…室蘭市南部に位置する半島

DSC05548.jpg
                               (2011年3月撮影)

1982年(昭和57年)就役から34年間、室蘭を中心に近海の安全を守って来たが、

老朽化のため2016年9月26日付で解役・引退となった。

DSC06607.jpg
                               (2015年8月撮影)

総航行距離は約100万km(地球25周に相当)

海難救助出動220件、救助隻数26隻、救助人数188名。

DSC06592.jpg
                               (2011年4月撮影)

主な出動実績

*1997年日本海沿岸で発生したロシア籍タンカー・ナホトカ号の海難・重油流出事故

*2011年の東日本大震災

*2015年苫小牧沖でのフェリー「さんふらわあ だいせつ」の火災・海難等々・・・

IMGP1390.jpg
                               (2016年1月撮影)





以上

室蘭港及び胆振・日高の海上の安全を守ってくれている
海上保安庁の船たちを紹介させていただいた


近年の室蘭港は毎年大型クルーズ船が寄港するようになり
2018年6月には室蘭−宮古(岩手県)間の新規フェリー航路が開設される


慌ただしくなる室蘭港内で事故の無いよう
室蘭海上保安部の新しいチームに期待している^^









posted by スティーヴィー・よんだー at 23:22| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ 巡視艇ですかぁ☆
船とか飛行機、見たいなぁって思うけど
なかなか・・・
雪が残ってるのが北国らしくていいですね〜(⌒∇⌒)
Posted by とうふ at 2017年04月15日 05:32
とうふさまへ
コメントありがとうございます。
室蘭市は港に沿って工場や町が並んでいるので、
港を観に行くための移動は数分です。
これと言って大した名物は無いのですが、
私は災害の少ない恵まれた地形(地域)だと思っています。
また、渡り鳥たちの北海道の入り口が室蘭だと言われています。
これは野鳥ファンの私にとっては願ってもない場所ですね^^

Posted by スティーヴィー・よんだー at 2017年04月16日 08:35
海上保安庁の船、カッコいいですね(´▽`*)
海猿を思い出しました♪

海上保安庁の船、リアルで見たことがないので貴重な作品ですね♪
(見たことあるのかもですが、意識したことがないです。)
素敵な作品をありがとうございます(´▽`*)
Posted by さっちゃん at 2017年04月18日 00:32
さっちゃんさまへ
コメントありがとうございます。
海上保安庁、危険を伴う任務も多々あるので大変な仕事だと思います。
時々港に行って船の写真を撮ってはアルバムにまとめています。
漁船とかタグボートとか何でも・・・
その中に旧型の「りゅうせい」があったのでアップしてみました。
これを観て懐かしんでくれる方が居たら嬉しいのですが・・・^^

Posted by スティーヴィー・よんだー at 2017年04月18日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック