2018年09月08日

通電しました^^

昨晩(7日)21時ころ
約42時間ぶりで通電しました!

夜中、何度か余震があったにもかかわらず
緊張が解けたのか朝までぐっすり熟睡しました
なぜか、あちこち筋肉痛です^^
(球児が夜中、起きていて発電機などチェックしてくれていました)

ようやくテレビが観られるようになり
厚真方面の被災地を観て愕然としました
「これなら室蘭の私たちは、まだ幸せな方だ」
札幌の清田区も、液状化現象で大変なことになっていて・・・

JRや飛行機が止まっている中
先日開通した宮蘭フェリーが活躍してくれました
救援物資や自衛隊・通信会社や医療チームなどが
宮蘭フェリーでかけつけてくれたのです
とてもありがたいことです



まだ油断はできません
1週間ほど余震が続くと言われています
熊本地震のように、後日本震が来るかもしれません

ちなみに、今回の胆振東部地震の翌日(9月7日)
南米で同クラスの大地震が3連発で起きています
10時47分頃、パナマでマグニチュード5.8
その後エクアドルで6.4、さらにチリで5.8
この3つの大地震はわずか52分の間に起きたそうです

北海道もこの南米も同じ環太平洋火山帯でつなっがっているので
大きく関連していると思われます

あくまで私の憶測ですが
胆振東部地震は余震であり、本震は南米で起きてくれたのかな?
もしくは1か所に集中せず、分散してくれたのかな?・・・
などと勝手に思っています
というか、これから大地震が起きないよう、そう信じたいのです




地震の前日(5日)の夕方
ものすごい雷の光と轟音が続いていました
やがて音が無くなりフラッシュのような光だけが
空一面に不気味に光り続けていました
「あれはもしかして地震の前兆だったのだろうか・・・」
今考えると、そのような気がします

2000年に有珠山が大噴火を起こした時
真っ黒な噴煙が室蘭上空にやって来て
その真っ黒な噴煙の中に雷の光が発生していたのを覚えています

雷と地震等の地殻異常は関連性があるのかもしれません




余談になってしまいましたが
これから被害が拡大しないことを願うばかりです

普段から非常用品を蓄えて来ましたが
反省点や改善点は身をもって確認できたように思います

まさか、自分の住む地域に何か起きるなんて・・・
その「まさか」が起こりえるのです
私だって「まさかこんなに停電が続くなんて」と思ったのですから・・・

みなさまも、万が一に備え
非常時の対策を考えられることを強くおススメします




コメント欄やFacebook、blogram、Instagram、GANREF等サイトを通じ
みなさまからのたくさんの温かいお見舞いメッセージ
ありがとうございます

ひとりひとりお返事をさせて頂きたいところですが
ここでお礼のご挨拶にかえさせて頂きますことをお許しくださいませ
posted by スティーヴィー・よんだー at 11:17| 北海道 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びっくりしました
ご無事でなによりでした
厚真地域の方のものすごい被害に言葉もありませんが、室蘭も大変なことになっていたのですね
Posted by にゃんころもち at 2018年09月09日 22:14
停電が解消して良かったです(^^
私も阪神大震災を経験しているので
地震の怖さは理解しているつもりです。。
今後、何事もなければいいですよね。。
Posted by とうふ at 2018年09月12日 05:34
停電解消できて良かったですね。
とうふさんと同じく、阪神大震災の時子供たちが、大阪で暮らしていたので心配しました。

今後、何事もない事をお祈りします。
Posted by パンダママ at 2018年09月13日 07:11
こんにちは。
先日はコメントありがとうございました。

北海道の地震、被害拡大して心が痛みますね。
この場をお借りして亡くなられた方々の御冥福を心からお祈りし、一日も早い復興を祈り被災された方々にお見舞い申し上げます。

停電の影響で自動販売機は停止しており、場所によっては、まだ大変な状況だとニュースで報じられ心配になります。
くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
Posted by Grs 満々美人 at 2018年09月15日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: