2017年03月25日

球児の住む音更(おとふけ)へ^^

071A4650-3.jpg
 (※ 各画像クリックすると拡大できます^^



2月1日付で球児が音更(帯広の隣り)に異動になってから
初めて球児の住む町を訪ねてみた



室蘭から高速道路で約3時間
道東道は長いトンネルが多く、時間が長〜く感じられた






バド美の車でやって来た^^
DSC00373.jpg




球児の職場で部屋の鍵を受け取り
アパートへ・・・


到着して、最初にした事は
例のごとく 部屋の掃除から・・・


前回の角田市(宮城県)のアパートより
かなり綺麗な状態だったので 早く終わった^^


夜、球児が勤務を終えて帰って来た
宮城に居た時より顔が少しふっくらしている


忙しいながらも落ち着いているようだ
室蘭から持って行った家内の手料理を4人で食べた^^








2日目・・・

以前から私は「道東に行ったらタンチョウさんの写真を撮りたい!」
と思っていたので 今回の音更訪問に付随して計画を立てていた^^

071A4215.jpg




訪れたのは阿寒町の「阿寒国際ツルセンター」

DSC00323.jpg




他にもタンチョウさんをウオッチング出来る場所はあるのだが
とりあえず“音更から一番近い場所”という事でここを選択した

DSC00318.jpg


071A4057-1.jpg





家内とバド美もこの施設内を見学したり

DSC00308.jpg





タンチョウさんを撮影したりしていたが 飽きたらしく・・・

DSC00316.jpg









館内からもウオッチングができる^^

DSC00293.jpg




DSC00311.jpg









私はもう少し撮影時間がほしいので
2人には隣接する道の駅“阿寒丹頂の里“で
時間をつぶしてもらった

DSC00325.jpg










ピーク時は何百ものタンチョウさんを観られるそうだが

071A4142.jpg





071A4658.jpg





この時の数はおよそ30羽ほどだろうか

071A4729.jpg






飛翔姿があまり撮れなかったのは ちょっと残念

071A3886-3.jpg




071A4660.jpg



それでも結構近くまで寄って来てくれたので


071A4535-3.jpg(成鳥)




その大きさと美しさを感じ取ることが出来たので嬉しかった^^



071A4474.jpg(若鳥)












ハクチョウさんが・・・

071A3908-1.jpg

数えきれないほどたくさん居た

071A4692.jpg


071A4695.jpg


071A4675-3.jpg













タンチョウさんは跳ねるのがお好きなようで・・・


「あらよっ!」
071A4266.jpg


「えいやっ!」
071A4284.jpg


「とりゃあぁー!」
071A4272.jpg

と・・・
面白い画が撮れた^^








1時間ほどの限られた時間だったが
憧れのタンチョウさんの撮影を楽しむ事ができた^^

DSC00319.jpg










道の駅“阿寒丹頂の里“でバド美・家内と合流

DSC00327.jpg





初のエゾシカ・メニューに挑戦!

DSC00328.jpg













音更に戻り夕食は・・・

バド美のリクエストは“豚丼”を食べること
帯広市内には豚丼の店がたくさんあるのだが

DSC00279.jpg


一番近いところ
音更にある“ぶたいち”という店に入ってみた

DSC00283.jpg
脂身が少なく、柔らかくて美味かった^^



球児は勤務が22時になるので
持ち帰りの豚丼を購入した










3日目
最終日は球児と休みを合わせられたので
1日だけ4人で行動する事ができた^^



シーズンオフの然別湖(しかりべつこ)

IMGP7217.jpg

イベントで使った 氷のかまくらが並んでいた







“うりまく“という道の駅に立ち寄った

DSC00355.jpg

漢字では“瓜幕”と書くようだ




馬のグッズや写真が並べてあり・・・

DSC00360.jpg




バド美はこれに乗って記念撮影した^^

DSC00357.jpg











移動中 マガンさんの群れに遭遇したのだが

071A4858-1.jpg

カメラが間に合わず あまり撮れなかった




マガンさんの群れの横にはハクチョウさんの家族が・・・

071A4498.jpg

気持ち良さそうに飛んでいた^^










道の駅“おとふけ”に立ち寄ると・・・

DSC00277.jpg

残念ながら振替休日(^_^;)








帰りは帯広駅でお土産物を調達

DSC00382.jpg






夕食は球児のリクエストで回転寿司へ・・・
「小食になった」と言う割には、たらふく食う球児だった(^_^;)






球児の部屋に戻り荷物を積んで
音更を出発したのが20時ころ

3日間天候に恵まれたが
帰路だけは終始雪に見舞われてしまった

平日の割に道路が混みあったのと
雪のため速度制限されていたこともあり
我が家に着いたのは夜中の1時

若干強行的なスケジュールだったので
ドッと疲れが押し寄せた







ところで・・・
帯広は豚丼の他、スイーツもたくさんの種類がある
せっかくネットでリサーチしてあったのに1軒も行けなかった
スイーツは次の機会に・・・^^





今回のお土産は・・・^^↓↓↓
DSC00398.jpg





また 行きたいな・・・^^

071A3929-1.jpg






071A3849-3.jpg



冬のオホーツクもいいかも・・・



でも
寒いんだろうな・・・^^




球児はいつまで音更勤務に
なるのかな・・・







posted by スティーヴィー・よんだー at 21:53| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ひな人形 ズ を飾った^^


「 ズ 」というのは6対あるので
複数形で・・・^^

今年も飾ったひな人形 ズ

DSC00253.jpg

 (※ 各画像クリックすると拡大できます^^


メインの人形はバド美が生まれた平成8年に購入したもの
陶器の立ち雛は、その翌年に購入した


小さな小さな貝の型に和紙を貼ってある人形は
私が小学校1・2年生の時の担任の先生(女)と
30年ぶりに再会した時に、先生がプレゼントしてくれたもの





DSC00250.jpg





木製の立体パズルは私の母がくれたもの


そして球児とバド美がそれぞれ幼稚園の時に
作った紙製のひな人形だ^^


この6対のひな人形 ズ が
毎年この時期にお目見えするわけだ












このタペストリーは・・・

DSC00255.jpg

20年ほど前、私は食料・雑貨を扱う
スーパーに勤めていたことがあるのだが

その時、季節のレイアウトとして
御菓子のコーナーに飾っていたものだ

その年限定のレイアウトだったので
期間が終わった時にもらってきたもので
毎年、玄関の壁に飾っている

高さ110cm × 横70cm
布で出来ているので丈夫で長持ちだ^^











昔、母が「ひな人形は3月3日を過ぎたら
早く仕舞わないと、婚期が遅れるんだよ^^」とよく言っていた


( う〜ん、婚期が遅かった姉たちのことを考えると
  父と母は、ひな人形をすぐに仕舞わなかったのかな・・・ )






私は母の言葉を思い出し、その言葉の暗示にかかったかのごとく
必ず毎年3月4日に ひな人形 ズ を箱に納めている

ある年、私は2月下旬から体調を崩したことがあり
その時に( 今年は具合が悪くて飾れないかな )と思った事がある

が、体調が回復して3月3日の朝 出勤前に飾りつけ
翌朝、これまた出勤前に片付けたこともあった
そんな1日限りのお目見えだった年もある事は、今でも私の笑い話だ^^







ひな人形についての、母の言葉をバド美に聞かせたところ
バド美 : 「 じゃあ、終わったらさっさと片付けてね〜 ^^ 」








DSC00251.jpg







最近のバド美の姿・行動を観ていると

“ 親の心 子 知らず ”

という諺が
ベストマッチしてしまう (^_^;)



やれやれ だ・・・









posted by スティーヴィー・よんだー at 17:00| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

私の 兄 ^^



 水栽培のヒヤシンスが咲き始めた^^ 
IMGP5821-1.jpg
                       (本日2017年2月22日撮影)
                       (※画像をクリックすると拡大できます^^



幼いころ、私は仏壇を見て
(なぜ 自分の写真が飾ってあるのだろうか?)と思ったものだ


大きなリンゴを持って微笑んでいる男の子の写真・・・
それは私や姉たちが生まれる前に他界した兄の遺影だった


2歳1カ月の時
大腸の病気で他界したと聞いている


現在グループホームに居る母(5月で92歳)に
兄の話しをすると


母:「気の利く子でね、
   小さいのに よく手伝いをしてくれたよ・・・」


と、目を細めながら
いつも同じ話しを繰り返す




生きていれば今年で68歳
兄が居れば、私の性格は現在と違っていたのかな・・・
それとも私は、この世に生を受けていなかったのかな・・・
(なぜなら私の上には姉が3人なので)





今日は 兄の命日
リンゴを供え 手をあわせた












posted by スティーヴィー・よんだー at 17:00| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

球児、北海道内に異動決まる^^


ハクチョウさんの恋のダンス^^
071A5077.jpg

 (※ 画像クリックすると拡大できます^^
 画像と以下文章は未関係です





昨晩(1月25日)23時ころ球児から電話

球児:「異動、決まったよ
   2月1日付で帯広勤務だって^^」

私:「そうか・・・
  父さんの予想が当たっちゃったな、やっぱり道東か・・・」

球児:「明日と明後日が休みだから、引越しの準備するよ」
私:「慌ただしいけど、頑張って準備してくれ
   移動経路等は、こっちで調べておくよ^^」

球児:「うん、頼むわ^^」






バド美に“球児の異動”のことを話すと・・・

バド美:「帯広かー
        豚丼 食べたい^^」






勤務は帯広市内だが
住まいは隣りの音更町(おとふけちょう)というところだ

昨日の最低気温を観ると・・・
氷点下22℃!!

室蘭は下がってもせいぜい氷点下10℃だから
今まで体験したことのない気温の地域での生活となる

ちなみに、音更から西に60kmほどの所に占冠(しむかっぷ)というところがあるが
先日氷点下32.8℃を記録している

う〜ん
氷点下32.8℃か・・・
どんな感覚なのか・・・想像ができない

とにかく寒い事に間違いは無い





移動日にはカーフェリーで昼ころ苫小牧に到着するので
出来ればフェリー埠頭で合流して昼食でも食べて・・・

我家に置いてある防寒着・防寒具等を渡せればいいな
と思っている





苫小牧から帯広までは高速で約200km(約3時間)だが
冬期間なので3時間は難しいと思われる

帯広市の人口は約17万人弱で、室蘭市の約2倍
今まで居た角田市と比べると約5.5倍の大きな都会だ




忙しいし、寒いし
道路は走り難い・・・

北海道に戻って来ることは嬉しいが
それはそれでまた別の心配事が増えそうだ・・・


ガンバレ!
     球児!^^






posted by スティーヴィー・よんだー at 20:49| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

球児の住む角田市へ 〜 宮城県訪問記 (最終回)^^


宮城県滞在4日目


訪問記も昨年内で完結するつもりでいたのだが
すっかり年越してしまった(^_^;)




朝食後、球児の部屋で4人で記念撮影^^


その後、角田駅まで球児に送ってもらった
IMGP0054-01.jpg

 (※ 各画像クリックすると拡大できます^^




駅前で家内:「身体に気をつけて」と球児とハイタッチ!
バド美と私もそれに続いてハイタッチ!


照れくさそうな球児の笑顔が印象的だった







角田駅で阿武隈急行に乗車
DSCF6507.jpg





IMGP0087.jpg




帰りもレアなラッピング電車に乗ることができた^^







東北らしい田園が続く・・・
IMGP0064.jpg






DSCF6513.jpg







長く一直線の線路^^
IMGP0067.jpg






IMGP0085.jpg






IMGP0089.jpg






槻木駅で東北本線に乗り換え仙台駅へ・・・






仙台駅で「るーぷる仙台」という仙台市内を循環する観光バスに乗車

DSCF6530.jpg

このバスは市内の主な観光地で自由に乗り降りすることができる








録音アナウンスに加えて
運転手の面白いアナウンスで乗客を笑わせてくれる^^
IMGP0129.jpg



小田和正さん出身の東北大学前を通過
DSCF6548.jpg







広瀬川を幾度か渡り・・・
     「青葉城恋歌」の旋律が脳裏を流れた^^
DSCF6520.jpg








私たちは仙台城跡に立ち寄った

IMGP0109.jpg






IMGP0100.jpg






DSCF6554.jpg






IMGP0176.jpg






時間の関係上、バスから降りて見学したのは

結局、仙台城跡だけだった



IMGP0157.jpg











仙台駅に到着
IMGP0197.jpg






DSCF6559.jpg







仙台駅内で夕食を・・・
DSCF6562.jpg

駅で少々お買い物^^












仙台空港線に乗って仙台空港へ向かった

DSCF6598.jpg







仙台空港内
DSCF6602.jpg

ここでも少々お買い物^^











DSCF6607.jpg


千歳空港へ・・・


DSCF6608.jpg

さよなら 宮城県^^







今回の宮城県訪問で球児の生活実態を把握することが出来たが
球児との時間があまり取れなかったことが残念だった

球児が日中働いている間
私たち3人は観光していたのだから、球児が気の毒だったが

接客業の仕事柄、休みが取れない事は球児が一番解っており
本人はさほど気にしていなかったようだ






今度は何処に異動になるのだろうか
と思っていたところ・・・

先日、球児からメールで
「給与は減るけど、北海道内に転勤希望を出した」と送られて来た


なるほど・・・
北海道内に居れば本人も、
私たち親としても少し安心できる

それがいつになるかどうかわからないが
希望通り、北海道内勤務になる事を願っている^^




東北のお土産は
     こんな感じ^^
DSCF6638.jpg



「完」^^







posted by スティーヴィー・よんだー at 22:34| 北海道 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

球児の住む角田市へ 〜 宮城県訪問記 (その3)^^



宮城県滞在3日目

朝食を済ませると、球児を職場へ・・・

働いている球児には申し訳ないが
私たち3人は今日も観光へと繰り出した^^




まずは「角田宇宙センター」へ

「宇宙開発展示室」へ訪れた
IMGP9810-1.jpg


IMGP9807-1.jpg





IMGP9742-1.jpg



ここはロケットの心臓部となる
エンジンの研究・開発を行っている機関だ



IMGP9740-1.jpg





入口にはグッズの販売機

IMGP9752-1.jpg





IMGP9753-1.jpg


ロケットだけでなく
人工衛星のエンジン等の研究・開発も行っている



IMGP9768-1.jpg


IMGP9804-1.jpg




次に角田市の西隣りに位置する白石市へ・・・
目指すは白石城(しろいしじょう)だ

IMGP9815-1.jpg



IMGP9832-1.jpg


仙台藩伊達氏の支城として用いられ
片倉氏が代々居住した


IMGP9828-1.jpg



九州の八代城などと並んで
江戸幕府の一国一城制の対象外とされて明治維新まで存続した


IMGP9845-1.jpg




鎌倉時代に築城されたが
明治初頭の廃城令によりほとんどの建物が破却された(1875年)

1995年に木造部分が復元され
現在のこの形になっている


IMGP9868-1.jpg




最近、城に興味を持ち始めたところなので
面白みのある見学となった
北海道と宮城県・福島県は
何かと縁の深い関係にあるようで・・・



IMGP9872-1.jpg







室蘭市に隣接する伊達市と福島県の伊達市
同じ名称の自治体が在るのは珍しいが
どちらも伊達氏と関係のある市名だ


これまた室蘭に隣接する登別市には片倉町があるが
片倉氏が登別を開拓のため仙台から訪れた事から町名もそこに由来する



IMGP9921-1.jpg




また、北海道伊達市に郷土資料館があり
私たちが宮城に訪れる一月前にたまたま立ち寄った




その時に館長さんが説明をしてくれた内容の一部は・・・


館長:「この資料館の周りにある樹木は
   昔、宮城県の角田市というところから運んだものなんですよ」

家内&私:「えー?!!」

私:「実は数か月前に、息子が角田市に勤務異動になりまして、
  来月そこに家族で訪ねる予定をしているのですよ」

館長:「えー?!!
    それは! なんと奇遇な・・・」

私:「白石城にも行く予定なのです」

館長:「そうですか・・・
   今日は、そこに訪れるための予習になりましたね。
   ぜひ楽しんで来てください^^」





ちなみに、この資料館は北海道伊達市の「道の駅」裏手にあり
道の駅には野菜を購入しにしょっちゅう訪れていた

資料館の前も幾度となく通り過ぎていたのだが
この日は何かに導かれるように立ち寄ったような気がする

後から思うと何とも不思議な気持ちになる








それはさておき・・・

白石城の裏手には
 
IMGP9922-1.jpg

第18代横綱 大砲萬右衛門(角張萬治)の等寸像


IMGP9924-1.jpg






さらにその脇には

IMGP9929-1.jpg

白石の鎮守「神明社」があった

IMGP9939-1.jpg



おみくじを引くと・・・
私は新潟の時と同様、大吉だった^^
でも、最近イイ事は続かないが・・・(^_^;)






IMGP9927-1.jpg















白石城を出て、再び角田へと向かった

DSCF6481-1.jpg






その途中、このコンビニに寄って・・・

DSCF6487-1.jpg





球児のおススメを3人で食べた

DSCF6491-1.jpg

2個を3人で・・・
(ちなみに、球児の特におススメは
 右側の「冷凍みかん」)

美味かった〜^^








DSCF6493-1.jpg













3日目の最終目的地、スペースタワー・コスモハウスへ





角田市は、冒頭に紹介させて頂いた「角田宇宙センター」があることから
「宇宙」をテーマとして「明日の宇宙を拓くまちづくり事業」を展開している

平成2年から台山公園を拠点に「宇宙関連施設」として
H-U実物大模型、スペースタワー、コスモハウスという3つの施設を整備した





H-U実物大模型

IMGP9957-1.jpg

2トン級の静止衛星打ち上げ能力を実現させた
日本初の純国産型ロケットの実物大(全長49m、直径4m)






H-Uの左に写っているのがスペースタワー

IMGP0035-1.jpg

高さ44.9m、建床面積69u







スペースタワーのエレベーターで展望室へ・・・
IMGP9975.jpg






IMGP9978-1.jpg

市内が一望できる


IMGP9979.jpg
画像中央部にあるのが角田駅だ^^




コスモハウス内
IMGP9986-1.jpg



IMGP9991-1.jpg



IMGP9984-2.jpg



IMGP9997-1.jpg



IMGP0013-1.jpg



IMGP0006-1.jpg





この日、角田市は「かくだふるさと夏まつり」が開催されており
このスペースタワー・コスモハウスも無料開放


開館時間も通常の17時から21時に延長されていて
私たちはラッキーな日に訪れる事ができたようだ^^




角田市のゆるキャラ「ひかりちゃん」

IMGP0041.jpg

IMGP0042.jpg

IMGP0044-2.jpg

なぜかわからないが、私のカメラに向かって
色々とポーズをとってくれた^^




この日の夕食は球児の店のピザを食べた
美味かった〜^^


つづく・・・
(宮城訪問記は次回が最終回です^^)






posted by スティーヴィー・よんだー at 23:21| 北海道 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

球児の住む角田市へ 〜 宮城県訪問記 (その2)^^


2日目・・・


朝食は家内の手料理で
球児が喜んだ事は言うまでもない^^



球児を職場まで送ると、
予定していた観光へ出発!



まずはバド美と家内の最優先候補地だった
福島県の「リカちゃんキャッスル」へ・・・

IMGP9725.jpg






ここでは「なりきりドレス・レンタル」があり
好きな衣装を選んで着て館内を見学できるサービスがある



IMGP9696.jpg



バド美はまだしも、家内には (無理がある) と思い
私:「やめておけば?」と言ったのだが・・・


家内:「せっかく来たのだし、タダだから^^」と言って、
本人の たっての希望で着ることとなった(^_^;)


IMGP9640.jpg




この時、家内はおかっぱ頭で 眼鏡をかけていたので

私:「かあさん まるで阿佐ヶ谷姉妹だね^^」とカメラを向けると・・・

家内:「そうだね、鏡を観て 私もそう思った^^」と言って
いかにも阿佐ヶ谷姉妹のようなポーズを取った(^_^;) 





何着でも着替えていいらしいのだが
私:「それはやめておこうよ」と、そこは断念してもらった

IMGP9642.jpg







IMGP9648.jpg




ふたりとも、それなりに楽しんだようで
よかった^^





IMGP9717.jpg











リカちゃんキャッスルの出口にあったパンフレットで
目についたものがひとつ・・・


ここは小野町(おのまち)、小野小町(おののこまち)の生誕の地
と記されたものだ

観ると、すぐこの近くのようなので
行ってみることにした


IMGP9728.jpg





小野小町とは・・・
 絶徴の美女にして情熱的な恋歌の歌仙。
 その生涯については、全国各地で様々な伝説が語り継がれている。

 でも、彼女にまつわる確実な史実は何一つ残っておらず、
 架空の人物であるという説まで存在している。

 古くからこの小野町は「小町生誕の地」として伝えられている・・・

                ということだ^^





 おもひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを
  (思い続けながら寝入ったからあの人を見ることができたのでしょうか。
   夢だと知っていれば目を覚まさなかったのに)  古今和歌集552



 人に逢わむ 月のなきには思ひおきて 胸はしり火に心やけをり
  (想う人に逢う手立てのない夜には起きていても、胸を焦がす火に
   心が焼けてしまいます。)  古今和歌集1030


なるほど・・・
  確かに、情熱的な恋歌が多いようだ




IMGP9734.jpg










小野町の碑などを観ながら散策していると
その敷地の裏手のほうに「やさい」と書いた看板が観えた

家内が好きな路肩での野菜販売所だ^^

IMGP9737.jpg





明日の朝、食べれそうな野菜を調達
球児に野菜を食べさせなければ・・・^^










小野町を出ると磐越自動車道に乗って岐路についた




阿武隈高原SAで休憩

DSCF6448.jpg



お土産品をチェック^^


DSCF6451.jpg




DSCF6453.jpg








さらに東北自動車道の乗って・・・

DSCF6458.jpg








安達太良(あだたら)SAに立ち寄り

DSCF6461.jpg



DSCF6474.jpg




ここでもお土産チェック^^


DSCF6470.jpg







SAの建物の左側にはウルトラマン・ティガが・・・

DSCF6465.jpg



みんなこの前に立って同じポーズで記念撮影していた^^

ちなみに上り線にはウルトラセブンが居るらしい

福島県って円谷(つぶらや)プロの初代社長
円谷英二さんの出身地なんだね






DSCF6477.jpg



DSCF6478.jpg




DSCF6479.jpg






私たちの拠点・角田に戻ると
球児が勤務を終える頃に勤務先に迎えに行き

晩は球児のリクエストで焼肉店へ・・・

普段食べていないのだろう
親の財布も気にせず、たらふく食べてくれた(^_^;)





宮城県滞在2日目終了

つづく・・・^^






posted by スティーヴィー・よんだー at 17:00| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

球児の住む角田市へ 〜 宮城県訪問記 (その1)^^



時期はさかのぼって8月のこと

今年の3月、球児が新潟から宮城へと異動となり、
「一度、訪れてみなければ・・・」と、3人で宮城県へ・・・


   飛行機から見下ろすと 下北半島が・・・^^
IMGP9564.jpg


 


行く前にネットで行きたい場所をチェック!
     候補場所をいくつかピックアップした^^





   いよいよ着陸態勢だ^^
IMGP9599.jpg
   東北らしい田園が広がっている








初めて降り立った仙台空港
 
DSCF6421.jpg


東日本大震災の時、テレビで観たことしかなかった空港だ
滑走路を飛行機や倉庫が津波に流されていく光景が、現在も記憶に新しい





  仙台空港内
DSCF6416.jpg







手荷物受け渡しのターンテーブルでは
       むすび丸が出迎えてくれた^^
DSCF6415.jpg
   持って帰りたい・・・^^









仙台空港線に乗って名取へ・・・
DSCF6424.jpg









さらに、JR東北本線に乗り換えて槻木(つきのき)へ
DSCF6429.jpg











そして・・・
     阿武隈急行で目的地の角田へと向かった
DSCF6432.jpg




この電車は・・・^^

福島県伊達市を舞台にしたアニメ動画「正宗ダテニクル」の
キャラクターをラッピングした特別列車で
槻木(つきのき)−福島駅間を往復しているのだが
当日のダイヤによって運行時間が変わるので、必ずしも乗れるとは限らないらしい








単線一直線! こういう光景は大好きだ^^
DSCF6441.jpg





今年の3月から運行
4年間限定の何ともレアな列車に乗り合わせる事ができた






DSCF6433.jpg





車内のアナウンスはアニメの声優の声が流れるので
           各駅毎のアナウンスも楽しみながらの乗車だった^^









結局、乗継時間が悪く空港から角田まで3時間かかった

IMGP0054.jpg










角田市は・・・
宮城県仙台市から南に約30kmほどのところに位置する
人口は約30,000人で、室蘭市の約35%ほどだが
面積は室蘭市の約2倍の広さがある





球児が「宮城に異動」と聞いた時
「地震が多い」というイメージが大きかったので心配だった




調べてみると中心部は海から10kmほどの場所だが
角田市の海側には150〜200mほどの堤防のような山が連なっているので
どうやら津波の心配は無いようだ





角田市.jpg










球児の勤務先に寄って、約1年ぶりに球児の顔を観てビックリ!
よほど忙しいのだろうか、すっかり痩せ細って頬がこけている


家内:「こんなに痩せて、大丈夫かい?」
球児:「うん、暑いからね〜。でも大丈夫だよ^^」


球児が勤務中だったので、
とりあえず部屋の鍵を受け取り、球児の車を借りて部屋に向かった^^


アパートに着き、部屋に入ってまたビックリ!
新潟から引っ越してきて、ほぼそのままの状態・・・
ダンボールも半分以上、荷解きしないまま重ねてあった
それに、汚い・・・


時刻は18時、予定では夕食の準備を始める予定だったのだが・・・
3人で荷解きと大掃除を始めた!


だが・・・
掃除用具とか、その他生活用品で不足な物が多々あり・・・
3人とも空腹のため、夕食を含めての買い出しに行くことになった






とりあえず空腹を満たし、部屋の整理を再開・・・
球児が職場から帰って来たのは、22時半ころだっただろうか


あれこれ4人で話しながら床に就いたが
4人とも疲れ切っていて、その晩はみな爆睡だった^^


DSCF6411.jpg


つづく・・・







posted by スティーヴィー・よんだー at 20:41| 北海道 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

バド美が転職した !



久しぶりの更新・・・


IMGP0665.jpg
 (8月から我が家の一員となったキンクマ・ハムスター。
  クマというよりブタに似ていたので「ブータン」と名付けた^^)
 
 

記したい事がたくさん有りすぎて
何から始めたらいいのかわからないくらいだが

最新の我が家の大きな出来事
バド美の転職を記させていただこう









10月上旬ころから、バド美の様子が変で・・・

朝起きても吐き気がして調子が悪く、何度か職場を休んだ。


家内と私とで話しを聞いたところ、「会社を辞めたい」らしい。


女性の多い職場、何かと問題は起こるものだ

直属の上司に相談に乗ってもらい
部署異動などの提案もしてもらったが
バド美の頭の中では、もう結論が出てしまっていたようだ


私たち夫婦も言うだけの事は言って止めたが
「これ以上 精神的に病んでしまっては・・・」と思い
後は本人の意思に委ねた










IMGP4850.jpg
 (久しぶりのバードウオッチング、ベニマシコさんの群に遭遇した。
  これはオス、秋の景色に溶け込む色合いだ^^)

IMGP4885.jpg












私:「今日、ハローワークの前を通るから
       求人情報もらって来ようか?」
バド美:「うん」


親に思いを話し
上司にも退社の意向を伝え、ホッとしたのだろう
表情や口調に明るさが戻ってきた

10月25日、求人票の中から2軒をピックアップ
そのうちの1軒に定めてハローワークへ・・・

「履歴書を用意して志望の企業に提出するように」と指示を受け
すぐに私が証明写真を撮って履歴書を作成

翌日(26日)、志望先に直接履歴書を持参


27日午前中に志望先から電話・・・
「本日16時30分から筆記試験と面接を行います」


急な展開に本人も親も 多少慌て気味・・・











IMGP4803.jpg
 (こちらはベニマシコさんのメス)

IMGP4651.jpg
 










帰宅後・・・

家内:「どうだった?」
バド美:「面接は落ち着いて話せたけど・・・
     筆記試験の数学の計算問題が全然ダメだった。
     採否の結果は来週になると思うって言われた。」
私:「そうか、結果がどうであれ、
   どちらでも対応できるように準備しておかないとな・・・」
バド美:「うん」







そして週末・・・


「採否結果は来週」と言われていたのだが
29日(土曜日)午前中に電話があり
「志望の意思」を確認され・・・

その日の昼一くらいに「採用」の連絡を頂いた
「11月1日付で入社」とのことだ
やれやれ・・・
ホッとした^^






前職場は上司の計らいのおかげで
10月31日付での退社となった




10月末のほんの1週間足らずで、
あれよあれよとバド美の転職が決まった









実はこのところ、ある事で精神的にボロボロの私だったが
バド美に関わる不思議なくらいのスムーズな展開に
ちょっと救われたような気持ちがした








私の周りには「転職否定」の人が割り合い多く
相談者は「どんな事があっても我慢させるべきだ」と言う

私は幾度か転職してきた経緯がある
だから、「転職」に関して我が子への説得力は無い

でも、今まで巡って勤めてきた事を後悔した事は無く
全て自分にとって「プラスの経験」になっていると思っている

面接官の考え方もそれぞれで・・・
「ずいぶん転々と職を変えましたね」と言う人もいれば
「色々と経験を積んで来られましたね」と言ってくれる人もいる











IMGP2920.jpg
 (法事で函館にも行ってきた。
  函館の画像も後日アップさせて頂きたいと思っている。
  画像をクリックすると拡大、再クリックで最大になります^^)












バド美にとって、この「転職」がプラスになるのかどうか
それは後になって本人が一番判ることだ

前職場の上司がバド美に
「将来、結婚してアルバイトでも探すことがあったら
ここにおいでよ」と言ってくれたそうだ。


対人関係に悩み、苦しんできたバド美に
「力になってあげられなくてごめんね」と頭を下げてくれた上司。

その上司が
バド美が最後の挨拶に行った数時間後に私に電話をくれた
上司:「私の力不足で申し訳ありませんでした」


申し訳ないのは、こちらの方だ
急な退社で迷惑をかけてしまった
色々と改善の案を提示してくれたのに・・・

これまでバド美がお世話になったことに
お詫びと感謝の言葉を伝え、電話を切った







IMGP1667.jpg
 「ヨロシク!^^」












posted by スティーヴィー・よんだー at 21:25| 北海道 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

結婚記念日と七回忌 ^^





6月7日は私たち夫婦の24回目の結婚記念日だ

毎年欠かさず続けてきたフラワーアレンジの贈り物

今年は楽天市場で見つけたレインボー・ローズを選んだ^^

IMGP5071.jpg

どうやって色付けしたのだろうか・・・

不思議だね^^









バド美が 会社帰りにケーキを買って来てくれた^^

IMGP5232.jpg







夜は3人でちょっとした外食を・・・

出逢った頃の事とか、今までの出来事をふたりでバド美に話して

思い出を振り返った ^^





















前日6月6日は父の命日で


6月5日 ( 日曜日 )千歳・札幌の姉たち家族を呼んで

総勢16名で7回忌の法要を行った




IMGP3561.jpg




11時〜お寺で法要



住職の話しは・・・

「 最近は法要を行わない家庭が増えてきた 」 とか

「 法要は “慶事”と考え、 赤いローソクを使う 」 などという内容だった

ちなみに我家は浄土真宗(東本願寺)である






IMGP3563.jpg






お寺を出て、食事をするため

車4台で予約していたホテルへ移動した


私たちが結婚式&披露宴を挙げたホテルだ






IMGP3576.jpg






用意された部屋に案内されると

ホテルの担当者が

「 マイク用意しておきましたので、

せっかくですので、ご挨拶されてはいかがでしょうか ? 」 と言う。




何も考えていなかった私は

「 はぁ・・・ ま、そうですね・・・ (^_^;) 」






IMGP3587.jpg






元来こういう場での話が とっても苦手な私だが・・・




「 父が他界してから 早くも6年も経ってしまったこと 」や

「 最近活躍している俳優 “ 笹野高史(ささのたかし)” さんが

70歳代のころの父を彷彿させる そっくりさんで驚いている 」 と話しをすると、

みんなから 「 同感 」 の笑い声が上がった ^^


ちなみに 父の戦時中の写真を観ると

「 ”金城武(かねしろたけし) ” さんに似ている ^^ 」
                   ・・・と家内は言う ^^





IMGP3619.jpg



約2時間半

父の思い出話しを交えながら みんなで談笑した ^^






IMGP3680.jpg






5月19日に91歳になった母も、ホームから外出許可を頂いて参加

久しぶりに揃った顔ぶれに喜んでいたようだ




母は次回の法要参加は 

   年齢的に難しいかな ? ・・・






IMGP3705.jpg






楽しくも 気疲れした1日だった

法事の関係は気力の消耗が 著しいものだね ^^






IMGP3710.jpg







平成22年6月6日 父 永眠 ( 享年 88歳 )

その当時の様子を綴った日記はこちら↓↓↓
父への思いhttp://kenkenstievie.seesaa.net/article/167468517.html







IMGP3771.jpg






考えてみたら このブログも もう8年

何も進歩の無い私だが 月日は容赦なく先に進んでいる ^^







IMGP3815.jpg










posted by スティーヴィー・よんだー at 00:17| 北海道 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする