2016年09月29日

雪虫(ゆきむし)^^



今朝、出勤しようと玄関を出ると・・・

庭に 今年初の雪虫が1匹 !

IMGP2279.jpg

※ 各画像クリックすると拡大できます^^



確かに肌寒い朝だったが

雪虫が観られるとは・・・



IMGP2313.jpg






高速道路を見下ろすと
気温表示は15℃だった

IMGP2349.jpg





例年この雪虫が

 「 もうすぐ霜が降りるよ 」

    「 もうすぐ雪が降るよ 」

            と 教えてくれる


IMGP2327.jpg
 見つけたのは この1匹だけ
      (ふさふさで 完璧な成虫だね^^)




早いな・・・と思ったけれど

昨年の写真を観ると

昨年のほうが 一日早かった ( ^_^; )








posted by スティーヴィー・よんだー at 20:52| 北海道 ☔| Comment(22) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

もう 冬だというのに・・・^^






9日(日曜日)は天気が良かったので
午前中バード・ウオッチングに出かけた





ウオッチング中に
    こんな光景が・・・!

DSC07446.jpg

 (※ 各画像クリックすると拡大できます^^







トンボだ!

DSC07461.jpg






室蘭は何度か雪が降って
   解けてしまったとはいえ・・・

DSC07465.jpg






この時期に まさか?・・・と
        自分の目を疑ったが・・・

DSC07460.jpg 





下の画像を拡大するとお分かりと思うが・・・
             翅はボロボロだ・・・




生命力の強さ
    たくましさを感じ取ることが出来た^^

DSC07458.jpg







この日の野鳥たちの姿は
   次回の更新を お楽しみに・・・^^






posted by スティーヴィー・よんだー at 12:30| 北海道 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

久し振りの珍客「ホウジャク」^^



我家の庭に、久し振りにホウジャクが訪れた。

DSC08706.jpg

※ 各画像クリックで拡大できます^^







蝶のようなストロー状の口

DSC08821.jpg








エビのような尻尾

DSC08796.jpg








ハチドリのようなホバリング

DSC08761.jpg





初めて観た時は(エイリアンか?)と思った^^



ホウジャク(蜂雀蛾 / humming-bird hawkmoth)
スズメガ科に属する蛾である



過去のホウジャクの記事はこちら ↓
http://kenkenstievie.seesaa.net/article/295591515.html?1380112699













虫たちは冬を控えて
秋の日差しを楽しんでいるように観えた^^





蜂も…

DSC09208.jpg








DSC09251.jpg









トンボも…

DSC08420.jpg











バッタも…

DSC08429.jpg











蝶も…

DSC08435.jpg












儚い命を…
  力いっぱい生きている^^

DSC08688.jpg










posted by スティーヴィー・よんだー at 22:10| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

カメラで お遊び ^^



DSC06637n.jpg
※ 各画像クリックで拡大…さらにクリックで2段階拡大します







「クローズアップ・レンズ」なるものを
インターネットで見つけて 1500円で購入した







DSC06647n.jpg

DSC07305n.jpg








「レンズ」といっても 現行のレンズの先端に装着する
フィルターみたいなものだ








DSC06668n.jpg

DSC07311n.jpg








小さい物に接近して撮ると 面白そうだと思い
ちょっと遊んでみた








DSC07305n.jpg

DSC07319n.jpg








すると・・・
ソフト・フォーカスのような面白い画像になった








DSC06557n.jpg

DSC07327n.jpg








ピントは甘いが それなりの画(え)になった








DSC06541n.jpg

DSC07329n.jpg








ズラズラ〜っと並べてみたので しばし ご覧いただきたい








DSC05685n.jpg

DSC07332n.jpg








被写体は全て我家の庭で撮影したもの








DSC05631n.jpg

DSC07334n.jpg








カメラのサイトを観ると
みなさん「マクロレンズ」なるものを使って
細かく美しい描写をされておられる方が多いが・・・








DSC07354n.jpg








高価な「マクロレンズ」には手を出せない…








DSC07368n.jpg










私にとっては これだけ接近できれば「お」の字である^^









最後の オマケ画像は…
我家のハムスター「マロン」も このレンズで撮ってみた^^

DSC07587n.jpg









posted by スティーヴィー・よんだー at 21:54| 北海道 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

初めて遭遇した不思議な生物






我家の玄関を出て、ふと庭を観ると
なにやら妙な生物が飛んでいるではないか…

DSC05014.jpg



「なんじゃ、こりゃ…」



DSC05082.jpg



ハチのように飛んで…



DSC05060.jpg




チョウのようなストローで蜜を吸って…




DSC05055.jpg




ガのような羽で…
時には鳥のように…




DSC05015.jpg




胴体はエビのようで…




DSC05061.jpg




「ん?…エビ?…」
エイリアンか?…まさかね…




GANREFに投稿された写真で、非常に似た生物を撮られた方がいて、
それは「大透翅(オオスカシバ)」という蛾の一種ということだ。
その画像はこちら→http://ganref.jp/m/tac470/portfolios/photo_detail/844997813aa6d9e43ae7fc946862d7e6





形はほとんど同じだが色が違う…




DSC05046.jpg




さらにネットで調べたところ、「蜂雀(ホウジャク)」という
昼行性の蛾の1種ではないか?という結論に達した。




DSC05062.jpg



世の中、まだまだ知らない生物がいるものだ…。
なんとも不思議な生物との初遭遇だった。












posted by スティーヴィー・よんだー at 19:30| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

蛍(ホタル)




8月下旬のこと。
40歳代後半にして、生まれて初めて「蛍(ホタル)」を観た。

たまたま、車に乗っている時に地元のFMローカル局の番組の中で、
「ホタルの鑑賞会がある」という案内を聴いたのだ。

(これは、ぜひとも観に行かねばならぬ)と思い、
家内とバド美を誘った。(球児は相変わらずゲームに没頭・・・。)

場所は本輪西小学校向かいの栗林公園。
入り口では「虫除けにどうぞ」と、管理のおじさんがうちわを貸してくれた。

DSCF2028.jpg  



暗い中を水辺に行くと、小さな光の玉がふわふわと点滅しながら
飛び回っていた。  幻想的な光だった。

家内は「儚い明かりだね」とひとこと。
バド美は「想像していたより小さいんだね」と言った。

その言葉が、近くに居た係りのおじさんに聞こえたのか?
側に寄って来て説明を始めてくれた。

hotaru1.jpg
   (画像は「ぶらり兵庫・ぶらり神戸 / 神戸観光写真ブログ」より拝借)



「3年前から幼虫の放流を始めて、毎年続けている。
来年は放流をしないで、自然繁殖しているかどうか様子を見る。
ホタルは大きく分けて、源氏ボタルと平家ボタルがあるが、
ここに居るのは平家ボタル。

源氏ボタルは平家ボタルの1.5〜2倍程の大きさで、
明るさは大きさに伴って数倍明るいのだが、北海道では育たないので
ここでは平家ボタルを選んだ・・・。」
実際の言葉とは異なるが、このような内容の説明だった。

それを聞いたバド美は
「じゃあ、アニメ映画『火垂の墓』のホタルは、
大きくて明るいから源氏ボタルなのかな?・・・」とつぶやいた。

hotaru2.jpg   
(画像は「ホタルの豆知識」より拝借)



最近、室蘭ではこのようにホタルの保護などの自然環境整備が注目され、
東町のビオトープ・イタンキでもホタルを育てている。

また、今月14日にはビオトープ・イタンキで育った幼虫を、
陣屋(じんや)町の南部藩陣屋跡の2箇所の堀に放流するとのことだ。

DSCF2086.jpg

DSCF2087.jpg
イタンキ浜は「鳴り砂」で有名。
サーフィンの大会も行われ、最近ではパラグライダーの
格好の飛行空間として人気がある。



「ホタルが育つような自然環境を取り戻したい」
と、各地で有志が集い活動を始めている。

取り組み始めるのが遅いのでは?とも思うが、
それでも意識を持つ事は、とても大切な事だと思う。

「放射能」の恐ろしさで騒がれる中、
人間が破壊してきた自然環境を、少しずつでも取り戻せればいい、
と 願う。



※ビオトープとは…動物や植物が恒常的に生活できるように造成
または復元された小規模な生息空間。公園の造成・河川の整備などに取り入れられる。





posted by スティーヴィー・よんだー at 00:05| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

カブト虫




法事や葬儀が続いて体調を崩していたので、
久し振りの更新・・・。

お盆を過ぎて、グッと気温が下がり朝晩は寒い日が続いていたのだが、
また暑さが戻って来た。


このところ、夜のウオーキングは21時に出発している。
メイン道路に出て、山側に向かって歩く。

先日携帯に入れた「Greeen」の「ソラシド」という曲に
合わせて歩くと軽快に歩く事が出来る。

また、真っ暗な道を歩くので、気もまぎれる。


 ♪ 明日晴れたなら何しようか?
   靴を青い空向け飛ばす

   楽しい出来事あるといいな!
   口笛吹きながら歩く道

    まだ見ぬ世界には何がある!?
    行くか戻るのかは気分次第


   フル回転で超えるスピードで
   行くmy way next !!!!

   目指せ向こう「自由ZONE 」へ
   明日 明後日 間違いあったって

    ほら始動ソラシド 花唄歌おう… ♪

   


昨日、途中で見下ろす高速道路の温度計は21度を示していた。
外灯の周りは、蛾がたくさん飛び回っていた。

外灯の近辺には、蛾のような不快な虫が集まるが、
その他、クワガタ虫などの、男の子が大好きな昆虫も集まる恰好の場所だ。

昨日も、外灯の下には雌のクワガタ虫がひっくり返ってジタバタしていた。
元通りの体勢にしてあげると、クワガタは何事も無かったかのようにトコトコ歩き出した。

再びウオーキングを始めて、次の外灯の下を通りがかると、
今度は雄クワガタがひっくり返ってジタバタしていたので、また救援した。



ところで、私は北海道に「カブト虫」は居ないと思っていた。
が、知人が「居るところ、知ってるよ」と教えてくれたのが3年前。

車で1時間ほど移動しなければならないが、
早速現地へ行って、カブト虫が北海道にも生息する事を自分の目で確認した。


子供の頃、憧れていた「カブト虫」・・・

(こんなにも簡単に遭遇できるものなのか?)と、
いい歳したオヤジが子供の頃の気持ちに返って、ワクワクしながら採集した。

これまで、オスの採集割合はメスの採集数の1割くらい。
だから、オスを見つけた時は、バド美と二人で大騒ぎだった。
ちなみに、その時、球児は後部座席で爆睡していた。



これは昨年採集したカブト虫 ↓↓↓
DSC01797.jpg

近所の虫好きの小学生にプレゼントしたら、とっても喜ばれた。




と、この文章作成途中に今日もウオーキングの時間になったので
しばし中断・・・。


帰りがけ、外灯の下に、なんとカブト虫の雌が居るではないか!
この辺で見るのは初めてのことだ。

そっと左手に乗せると、私の手首にしがみついた。
そのまま家に向かう・・・。

腕を振って歩いているのだが、しっかりと手首につかまったまま。
約15分、家に着くまでよくしがみついていたものだ。↓↓↓
DSCF2040.jpg

写真撮影後、庭にある桃の木の枝に放した。


汗をかいたのでシャワーを浴びる時、ふと手首を見ると、
カブトムシがしがみついていた手首には、湿疹のような跡がついていた。
DSCF2042.jpg



もう8月末日という時期に、室蘭でカブト虫か・・・。
これも温暖化による生態系の変化のひとつなのかな?



タグ:カブト虫
posted by スティーヴィー・よんだー at 01:44| 北海道 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする