2017年03月05日

万能な食材「鮭(シャケ)」^^


毎年秋になると
     近郊の川には鮭が遡上する



071A2343.jpg

※ 各画像クリックすると拡大できます^^





産卵を終えて死んでしまう鮭もいれば
    そのまましばらく川に滞在する鮭も居る




071A2348.jpg







人間は鮭を食材として色々な料理に使うが
鮭は鳥たちにとっても 貴重な食材になっているようだ








特にカモメさんたちにとっては
格好の食べ物だ

071A6453.jpg






弱った鮭を狙う

071A3559.jpg







これは豪快に調理

IMGP5307-01.jpg











他の鳥たちも鮭が好きなようで・・・







トビさん
IMGP8247.jpg







トビさん&カラスさん
IMGP8269.jpg









マガモさんも食している
IMGP8370.jpg

IMGP9352.jpg









さらに・・・
ハクチョウさんも鮭を食べるとは思わなかった
IMGP2486.jpg



















ある日 川の中流
淀みのところにカモメさんたちの集団が・・・

071A3059.jpg







しきりに飛び込んでいるので
何をしているのか観察してみた

071A3459.jpg








飛び込みの瞬間を連続で・・・

071A3472.jpg

071A3473.jpg

071A3474.jpg

071A3475.jpg

071A3476.jpg

071A3477.jpg

071A3478.jpg

071A3485.jpg






水中から出てきたカモメさん
その口元には・・・

071A5746.jpg
イクラだ!











こちらでも
071A3210.jpg

071A3104.jpg









なんとも贅沢だ^^
071A5830.jpg








命の循環
  厳しい自然界で水鳥たちが
      「生きる」すべを垣間見たような気がする






071A2402.jpg



でも
産卵後の息絶えた鮭を食べるのはいいが・・・
卵は来年のため できれば残しておいてほしいものだ^^




ああ・・・
急に「イクラのしょうゆ漬け」が食べたくなった
「鮭のチャンチャン焼き」も いいな・・・^^













posted by スティーヴィー・よんだー at 20:25| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 水鳥ウオッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ひな人形 ズ を飾った^^


「 ズ 」というのは6対あるので
複数形で・・・^^

今年も飾ったひな人形 ズ

DSC00253.jpg

 (※ 各画像クリックすると拡大できます^^


メインの人形はバド美が生まれた平成8年に購入したもの
陶器の立ち雛は、その翌年に購入した


小さな小さな貝の型に和紙を貼ってある人形は
私が小学校1・2年生の時の担任の先生(女)と
30年ぶりに再会した時に、先生がプレゼントしてくれたもの





DSC00250.jpg





木製の立体パズルは私の母がくれたもの


そして球児とバド美がそれぞれ幼稚園の時に
作った紙製のひな人形だ^^


この6対のひな人形 ズ が
毎年この時期にお目見えするわけだ












このタペストリーは・・・

DSC00255.jpg

20年ほど前、私は食料・雑貨を扱う
スーパーに勤めていたことがあるのだが

その時、季節のレイアウトとして
御菓子のコーナーに飾っていたものだ

その年限定のレイアウトだったので
期間が終わった時にもらってきたもので
毎年、玄関の壁に飾っている

高さ110cm × 横70cm
布で出来ているので丈夫で長持ちだ^^











昔、母が「ひな人形は3月3日を過ぎたら
早く仕舞わないと、婚期が遅れるんだよ^^」とよく言っていた


( う〜ん、婚期が遅かった姉たちのことを考えると
  父と母は、ひな人形をすぐに仕舞わなかったのかな・・・ )






私は母の言葉を思い出し、その言葉の暗示にかかったかのごとく
必ず毎年3月4日に ひな人形 ズ を箱に納めている

ある年、私は2月下旬から体調を崩したことがあり
その時に( 今年は具合が悪くて飾れないかな )と思った事がある

が、体調が回復して3月3日の朝 出勤前に飾りつけ
翌朝、これまた出勤前に片付けたこともあった
そんな1日限りのお目見えだった年もある事は、今でも私の笑い話だ^^







ひな人形についての、母の言葉をバド美に聞かせたところ
バド美 : 「 じゃあ、終わったらさっさと片付けてね〜 ^^ 」








DSC00251.jpg







最近のバド美の姿・行動を観ていると

“ 親の心 子 知らず ”

という諺が
ベストマッチしてしまう (^_^;)



やれやれ だ・・・









posted by スティーヴィー・よんだー at 17:00| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

“ 福ろうカフェ ” さん(札幌)に行って来た^^


札幌の澄川区にある
“ 福ろうカフェ ” さん

DSC00232.jpg

 (※ 各画像クリックすると拡大できます^^



フクロウを観ながらコーヒーを飲んだり
フライト体験やエサやりが出来るお店



ここは私が以前から「ぜひ行ってみたい!」
と思っていたところだ^^



なかなか行ける機会がつかめなくていたのだが・・・

今回、バド美と家内が札幌市内で用事(遊びではない)があるというので
私が「あっしー」を務め、その用事の間を利用して
このお店に初めて訪れるチャンスが恵ってきたというわけだ^^



場所は 札幌市南区澄川四条三丁目6-13澄川4・3ビル1F
札幌市営地下鉄南北線 澄川駅から徒歩で4分ほどのところにある(駐車場2台分あり)



初めて訪れる場所なので、ちょっと緊張しつつ・・・

店内に入ると
男性客が1名くつろいでいた

DSC00227.jpg


照明を少し落としているとあらかじめの予備知識はあったが
思ったよりも明るく、清潔感のある店内だ



席に案内され、
オーナーの女性から お店の利用説明を受けた

DSC00221.jpg



1ドリンク付きで1時間1,200円
せっかくなので評判の“ラテ・アート”と“クッキー”を注文した

DSC00218.jpg
この“ラテ・アート”はすごい!


このアートを壊して飲むのは 
なんだかもったいなくて ためらってしまった


とはいえ飲み物なので
しっかりとカメラに収めてから少しずつ飲んだ









ガラス越し 私の真正面には
ベックさん(ベンガルワシミミズク)が不思議そうに私を見ていた




ベックさん: 「 観たことの無いヤツが 来たな・・・^^ 」
IMGP4339.jpg







このお店の事が書かれたブログのひとつに
“ 店のいたるところにフクロウに関する物がある ” と記されていた

DSC00225.jpg








私が座った位置からベックさんの他に小型の鳥が2羽観えたのだが・・・
動いていなかったので
私: 「 うーん、これは置き物か?本物か?・・・ 」
首をかしげた時にちょっとだけ動いてくれたので「本物」と初めて解った^^








その小型の2羽というのが
一葉ちゃん(アメリカチョウゲンボウ)と

IMGP4378.jpg

(チョウゲンボウって 写真でよく観る機会があるけど
こんなに小さいんだね^^)










りんごちゃん(コキンメフクロウ)だった^^

IMGP4096.jpg

この子も小さくて可愛らしい











私がバッグからPENTAXを出そうとごそごそやっていると・・・

先に来られていた男性がカメラを持って
ガラスの向こう側(フクロウたちの居る)ブースに入って行った



勝手の解らない私は、その男性をお手本にしようと
撮影している様子をうかがっていると
オーナーさんが「ブースに入ってみますか?」
と 私に声をかけてくれた^^



私 : 「 はい ! ぜひ入らせてください^^ 」
オーナーさん : 「 では、手洗いと消毒をしてくださいね^^ 」


私 : 「 一眼レフのレンズを観て、怖がりませんか ? 」
オーナーさん : 「 極端に近づかなければ大丈夫ですよ^^ 」


(もしも一眼レフを怖がるといけない)と思っていた私は
念のためコンパクト・デジカメを用意してあった









ブースに入って順に1羽ずつ撮影させてもらった



ケンちゃん(メンフクロウ)
IMGP4132.jpg
   (あっ! 私と同じ呼び名だ!^^)









フーちゃん(ミナミアフリカオオコノハズク)
IMGP4070.jpg

この ミナミアフリカオオコノハズクは
(別の鳥か?)と思うほど容姿が細くなったり丸くなったり変化する
私の憧れの種類でもある

私は このフーちゃんの丸く可愛らしい姿を撮りたかったのだが
やはり見知らぬ私には警戒心が強かったようで 終始細身のままだった(^_^;)

でも、この写真のフーちゃんは渋くてカッコイイ^^






と あきらめかけていたところ・・・

帰り際 少し落ち着いてくれたのか
やや 丸〜い体型になってくれた^^

IMGP4320.jpg

まだ完全に気を許してくれたわけではなさそうだが
身体を左右にスイングする姿がとても可愛らしかった^^











おっ !
りんごちゃんが
リラックスしてポーズを取ってくれた^^
IMGP4120.jpg



 「 すとれっちー ^^ 」
IMGP4121.jpg








とにかくこんなに近くで
フクロウを観るのは初めてだ!


動物園で遠くからしか観た事が無かったので・・・
ワクワクしながらシャッターを切った^^


普段は屋外で野鳥を追いかけているが
こういう撮影は初めてなので不思議な気分でもあった






ブランさん(シロフクロウ)
IMGP4077.jpg










フクロウたちの写真を撮っている間
唯一ハヤブサ科の一葉ちゃんが私の頭をかすめるように
行ったり来たり飛び回っていた^^

IMGP4251.jpg











先に来られていた男性に声をかけてみた^^

私 : 「 よく来られるのですか ? 」
男性客 : 「 はい、昨年の秋くらいからだったでしょうか・・・、
     すっかりハマってしまいました〜
     癒されますよ ^^ 」


他にも少々会話をさせて頂いた 
穏やかな話し方のその男性は
フクロウたちを撮影をしながら 幸せそうな表情だった





DSC00223.jpg











オーナーさんがベックさんの飛翔を披露してくれた^^





ベックさん : 「 ふっふっふっ・・・キマッたぜ ! ^^ 」
IMGP4051.jpg







ベックさん:「 10点 ・ 10点 ・ 10点 ^^ 」
IMGP4064.jpg








ベックさん : 「 どんなもんだい、 こうやって飛ぶんだぞ ! ちゃんと撮れたのか ? 」
IMGP4065.jpg






私 : 「 あっ・・・、ごめんなさい !
IMGP4034.jpg
    下手くそなもので、飛んでいるところブレブレになっちゃいました ( ^_^ ; ) 」






ベックさん : 「 なんですとー ?!  ダメだな〜
               もっと修行して 出直して来なさい ! 」
IMGP4364.jpg
私 : 「 はい・・・ も、申し訳ございません m(_ _)m 」
















文鳥さんも居るのだよ^^

 ぶん ちゃん(父)
IMGP4174.jpg

 おもち さん(母)
IMGP4184.jpg

 おはぎ ちゃん(子)
IMGP4383.jpg











ところで
この “ 福ろうカフェ ”さんは 若い女性が経営しておられる
明るく 親しみやすいオーナーさんだ ^^



もう一人の女性店員さんも感じが良く
笑顔で対応してくれた^^

女性店員さん : 「 ただいま〜、散歩から帰って来ました〜 ^^ 」
私 : 「 え ?・・・ 散歩 ?・・・ 」

ここの「 散歩 」というのは、フクロウたちに日光浴をさせるために
腕や肩に乗せて店の近くを歩くことなのだそうだ







オーナーさんの経歴等については
インタビューを受けられている番組があるので
こちらを観て頂くのが一番よいかと思う


“ 札幌人図鑑 ”という番組だ↓↓↓





私としては出店時の資金の調達とか
日々の維持管理の話しとかも聞きたかったのだが
初めて訪れたオッサンが、
そんな事を聞くのは失礼かと思ったので やめておいた


そんな私の質問内容はさておき・・・




小さい頃から動物に関わる仕事に就きたいという夢を追い続け
動物園で勤務をしているうちに猛禽類に興味を持ち
「 フクロウの事をみんなに知ってもらいたい ! 」
「 フクロウと触れ合える店を作りたい ! 」
そんな思いで彼女は2015年に20歳代でこの店をオープンしている




DSC00229.jpg
     ん?! 後から気づいたんだけど、左端に一葉ちゃんが写っていた!
              私の下手な写真を 一葉ちゃん、ナイス・フォローだ^^






北海道初の “ 猛禽類と触れ合えるカフェ ”
この “ 初の ” というのは相当の困難が伴うものだ
東京まで行ってその種の店を訪ねて研究してきたという





DSC00228.jpg





その実行力に頭が下がる
私には真似の出来ないことだ
若さゆえに出来る事もあるだろうが
フクロウ(動物)を愛する彼女の気持ちがよほど大きなものだったのだろう



また「動物介在療法」を学び
介護施設等を訪れ実践し、社会貢献されている事も立派な活動だ






DSC00230.jpg








“ 札幌人図鑑 ”の中で

「 普段、お客さんが来る時は脚をリードでつなげているが
それ以外は可能な限りリードを外して自由に過ごさせている 」 と言う




また
「 フクロウを主体にしたカフェなので
お客さんには申し訳ない場面もあって・・・ 」 と話しをされているが・・・


私がブースから出て来た時
飲みかけのラテのカップの上に蓋が置かれてあった

DSC00222.jpg

「 フクロウ主体 」 と言いながらも
お客さんに対する細やかな気遣いはしっかりとされている^^







私が 「 このクッキー、娘に持って帰りたいのですが・・・ 」 と言うと
さりげなくラッピングをしてくれた

DSC00235.jpg









現在では フクロウ等の動物と触れ合う店が
札幌市内にも 数店あるようだ


私は未だ ここの “ 福ろうカフェ ” さんしか知らないが
応援したくなる 素敵なお店だ^^






ケンちゃんの横顔 … 微笑んでいるように観えた^^
IMGP4272.jpg








カメラでフクロウたちを撮影するのも楽しいが
黙って、ずーっとフクロウの姿を観ているだけで癒されるのもアリと思う
次回はぜひともそうしたい^^










ちょっと話が逸れるが・・・


私の母が室蘭市内のグループホームに入居する以前は
千歳市の姉の家に住んで居た

たまたまその近くに木彫りを扱うお店(つばた民芸店さん)があって
そこの店主ご夫妻と交流が出来た
その影響もあったためか、木彫りのフクロウを好きになったようだ

グループホーム入居が決まって千歳を離れる日が迫ったころ
両手を合わせてその中に収まるくらい
直径5pほどの真ん丸に近い、可愛らしい木彫りのフクロウを
そのご夫妻からプレゼントされた

母はいつもその木彫りを両手で包むようにしてナデナデしていた
そうしていると落ち着くようなのだ

やがてその木彫りはイイ感じに光沢が出て
イイ感じの風合いになって来た

現在も、その木彫りのフクロウは
母にナデナデされている・・・


生きているフクロウも、木彫りのフクロウも・・・
どうやらフクロウには人の心を癒す不思議な力があるようだ^^









みなさまも 機会があれば訪れてみては?・・・^^









      「 へい !  いらっしゃい ! ^^ 」        by. ベック さん
IMGP4265.jpg






“ 福ろうカフェ ” さんのホームページはこちら ↓↓↓
https://www.b-mall.ne.jp/t/0103/357304/





(※ お店の注意事項の中に 「 フラッシュ撮影は禁止 」 とある。
   これは動物を撮影する上で常識的であり当然のこと。
   但し、コンパクト・デジカメ等には、フラッシュの発光を止めていても
    暗い場所では“AF補助光”という赤い光を発する機種がある。
   この光も動物たちにとって、かなり迷惑なものだろう。
   私なら撮影される時に、この補助光はフラッシュ光よりも苦手だ。
   このお店の照度だと、その補助光が発光してしまうので

    「 AF補助光の設定をOFFにする 」

   という注意事項を 私から補足させて頂きたい ^^ )










posted by スティーヴィー・よんだー at 22:53| 北海道 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 野鳥ウオッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

私の 兄 ^^



 水栽培のヒヤシンスが咲き始めた^^ 
IMGP5821-1.jpg
                       (本日2017年2月22日撮影)
                       (※画像をクリックすると拡大できます^^



幼いころ、私は仏壇を見て
(なぜ 自分の写真が飾ってあるのだろうか?)と思ったものだ


大きなリンゴを持って微笑んでいる男の子の写真・・・
それは私や姉たちが生まれる前に他界した兄の遺影だった


2歳1カ月の時
大腸の病気で他界したと聞いている


現在グループホームに居る母(5月で92歳)に
兄の話しをすると


母:「気の利く子でね、
   小さいのに よく手伝いをしてくれたよ・・・」


と、目を細めながら
いつも同じ話しを繰り返す




生きていれば今年で68歳
兄が居れば、私の性格は現在と違っていたのかな・・・
それとも私は、この世に生を受けていなかったのかな・・・
(なぜなら私の上には姉が3人なので)





今日は 兄の命日
リンゴを供え 手をあわせた












posted by スティーヴィー・よんだー at 17:00| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする